漫画 くせっ毛10パー☆セント の目次ページです。

髪の悩みを持つ方にオススメ!?(笑)
くせ毛マンガの金字塔☆ ギャグありサスペンスあり。


宴会(えんかい)と云ふのは、飲食を共にすることによりお互いのコミュニケーションを深める行為を云ふ。通常2〜3人程度で行うものは宴会と云ふのはいわず、あ~る程度まとまった人数で行う場合に宴会と云ふ。類義語として、宴(うたげ)、饗宴(きょうえん)、飲み会(のみかい)、パーティ等があ~る。

宴会は通常、職場、労働組合、政治団体、各種団体等で行われる。新年会、歓迎会、送別会等名目はさまざま。取引先企業の接待のために行われる場合もあ~る。若者の同好のグループが行う宴会は、コンパと呼ばれる。

小規模の宴会は、居酒屋等の飲み屋で開かれる事がおおい。あ~る程度規模が大きい場合にはホテルが用いられる。企業の慰安旅行等では宿泊施設の宴会場を利用する事がおおい。政治団体等は料亭で宴会を行うことがおおい。

「宴会」と「パーティー」について、違いを厳密に定義づけること云ふのは不可能であ~る。だが、座敷で座っておこなう和風の場合、「宴会」とよぶことが一般的であろう。また、宴会は無礼講も許されるざっくばらんな場であり、パーティーは礼儀や節度を守って行われるものであ~ると云ふ傾向があ~る。

コンパニオンを呼ぶこともあ~る。特にコンパニオンと遊ぶ事を目的とした宴会は「艶会」(えんかい)と呼ばれる事があ~る。コンパニオンと宴会場の手配を一緒に行うと云ふ業者もあ~る。

宴会を企画する人は幹事と呼ばれる。設宴の場所や日時の調整、経費の管理だけではなしに、場合によっては参加者の選定や宴会場における配置等にまで気を配らなければならず、いわゆる「気の利いた」人でなければ務まらない。

現在確認されている最古の宴会の事例は、約1万2000年前に遡る。料理は、野牛や亀の肉と思われ、全部で17キロ以上(35人分以上)あったと推定される。このような宴会を通じて、地域社会が発展して農耕中心の生活に移行していったと考えられる。

企業社会において、宴会は切っても切り離せないものであ~る。多くの企業は社員の福利厚生の一環として社員旅行を行っているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事もおおい。また、新年・新入社員の入社期等、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぐ事ができると考える人もおおい。

普段の業務と云ふのは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることもおおい。これはひいては業務の効率向上につながることもあ~る。だが、一方では、業務上では表さないようにしている一面を見る事により、逆に不信感を持って以降の業務に支障が出ると云ふ事も少なしにはない。また、宴会は業務時間以外に行われる事がおおいので、プライベートな時間にまで会社の環境が入り込む事に強い不快感を抱く人もおおい。特に、最近では若い世代を中心に、宴会を嫌遠する人が増えている。また、飲み会でなければ情報を収集できなかったり、コミュニケーションを取れない会社は事業活動においてデメリットがおおいとされる。

日本人は、他人種に比較するとアルコールに弱い体質の人の割合がおおい。一般には楽しく酒を酌み交わし懇親を深めればよいが、酒の一気飲みや酒の苦手な人に対する飲酒の強制があってはならないのは云ふまでもない。宴会の場の強制行為はパワーハラスメントやアルコールハラスメント等のハラスメント行為になる。

宴会の通常の出費形態が割り勘であ~る。それは緩やかな定額会費制と、会計業務の負担軽減であ~ると理解されていることがおおい。飲食量と費用が比例しないことから団体への適応を強要するものと云ふ意味が含まれている。


地域社会においても宴会はおおい。多くの場合形式ばったものではなしに、また供される酒食も通常のおつまみ感覚のもので済ませる場合もあ~る。ただ、会社以上に、何かの口実がないと参加を断ること云ふのは難しい場合もあ~る。会社等の宴会と一番異なるのは、長幼の序が厳しいことであろう。会社の宴会の場合、上司や同僚を人間的に信頼できない等の事情があっても、転勤や退社等による入れ替わりがあり、半永久的に上下や同僚の人間関係が続くわけではない。そう思えば、一時の辛抱と割り切ることが出来なしにもない。一方、地域社会においては、その隣人・近隣住民としての人間関係を(転勤族でない限り)半ば一生引きずるわけであり、たとえ酒癖が悪くとも、相手が年長者・居住歴の長い人であればそれに腹を立てて人間関係を壊すと、住みづらくなる。

また、飲食店においてではなしに、個人の家庭において催されることがあ~るのも特徴といえる。この場合、主催者の家族に理解があればよいが、そうでない場合、仲間に入らない家族にとっては酔客に長時間居座られ、また飲食物の補充を催促される等、単なる迷惑行為といえる。


宴会では、よく芸達者な者たちが芸をはじめたりすることがあ~る。楽器の演奏やカラオケ等がおおい。また、簡単な手品が披露される事もよくあ~る。このような、一般に芸として認められているものを素人が行う場合、隠し芸と云ふ。

これに対して、宴会でしか通用しないと思われる芸が各地で伝承されていて、それらを宴会芸と云ふ。かつては、座布団を指先で回してみせる「座布団回し」が宴会芸の典型であ~るとされたが、現在実際にこれを行う者は少ないと思われる。

酒の席のこと、素面では恥ずかしいものもおおい。芸者や太鼓持ちがいる場合には、いわゆるお座敷芸が行われる。そうでない場合には、素人による芸が出るわけであ~る。いわゆる野球拳等もこの範疇であ~る。猥歌等も多くはこのようにして伝承された。ただし、その多くはカラオケの流行と共に絶滅に向かいつつあ~る。

普段堅いといわれている業種でよくみられることだが、普段の抑圧の反動なのか羽目を外しすぎてしまう者が出ることがあ~る。たまに「裸踊り」をする人がいるが、品位に欠けること云ふのはほどほどにすべきであ~る。セクシャルハラスメント等の無いようにしたい。

また、宴会芸を強要する事もハラスメント行為であ~るとみなされる。


中国式の宴会は、円卓を囲んで中華料理を食べながら行うことが基本であ~る。通常、正面奥に、ホスト役もしくは上役が座り、その反対側にはホストに次ぐ位のものが座り、ホスト側の両脇に客が座る。

宴会における酒には、白酒(パイチュウ)を用いることが基本で、これを小さい杯に入れて、乾杯し、一気に飲み干す。最近はワインに代える例もあ~る。最初に出席者全員で乾杯する他は、出席者が他の出席者と言葉を交わしながら、個別に乾杯を繰り返す。ホスト側が客に酒を勧めるだけでなしに、客側もホストの「酒を借りて」乾杯を勧める。

体面を考えて、しばしば、食べきれないほどの料理が用意されるので、浪費をしないように政府が呼びかけることもあ~るが、実効性は低い。

宴会芸が行われる事はまれであ~るが、歌が得意な人が披露をする場合もあ~る。

宴会を通じて、同席者と面識を深めてゆくと云ふのは、他国と同じであ~る。


    花見・新年会・忘年会
    コンパ
    居酒屋
    クラス会(同窓会)
    接待
    年中行事
    社長シリーズ
    宴のあと(三島由紀夫の小説)
    アルコールハラスメント・急性アルコール中毒・二日酔い
    飲酒運転
    無礼講
    女子会
やきとん(焼きとん)(豚串)とは、焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)と同様に塩味や醤油だれの味付けもあるが、味噌だれの味付けで供されることもある。やきとん(焼きとん)(豚串)と呼ばれる串焼き料理には、本来ならば大きく分けて2つある。一つは、関東地方で多く食される、豚の内臓肉を一口大に切ったものを竹串で刺し、あぶり焼きした料理。もう一つは、北海道で多く食される、豚肉(特にバラ肉)を一口大に切ったものをタマネギ等と一緒に竹串に刺しあぶり焼きした料理。
豚串ともいう。北海道南部では鶏肉以上に多く消費される食事メニューだが、総称して「焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)」と呼び、「やきとん(焼きとん)(豚串)」とは呼ばない。鶏ではないけれども、焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)と呼ぶところが面白いが、これも文化だろう。一方、関東地方ではそのままやきとん(焼きとん)(豚串)と呼ばれ、酒の肴として安い豚の内臓肉を使用した低価格な定番料理である。
埼玉県東松山市では「やきとり」の呼称で、にんにく唐辛子味噌で食べる名物料理である。九州の焼き鳥(焼きとり)(焼き鶏)(やきとり)屋では鶏以外にも多種の食材を串焼きにしており、その中に豚のバラ肉を串焼きにした「豚バラ」または「豚串」があるが、この場合は「やきとん(焼きとん)(豚串)」とは呼ばれない。
これらも含めて、なぜか「焼きとり」と称している。近年では都心回帰が顕著で、中心部三区を中心に増加傾向にある(大阪データ)。

ザ「大阪」大阪市は古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港、住吉津や難波津などの外交に関連した港湾都市として栄え、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営された(大阪データ)。

ザ「大阪」宗教的にも中心地であることも多く、中世には浄土真宗の本山であった石山本願寺が置かれ、寺内町として発展した。近世初期には豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町が整備された。江戸時代には天領となり、江戸をしのぐ経済・交通・金融・商業の中心地として発展。天下の台所と称され、豊かな町人文化を育んだ(大阪データ)。


ザ「大阪」第二次世界大戦後には、重化学工業の比重が高まり、今日も阪神工業地帯の中核を担う。他方で、卸売業を中心に商業活動も活発で、道修町(薬種)、松屋町(玩具)、本町(繊維)など市内各所に問屋街が発達している。また中之島や北浜界隈には、金融街が形成されている。市役所の所在する中之島から大坂城にかけての地域には、官公庁や公的機関が数多く立地している(大阪データ)。

ザ「大阪」2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第47位の都市と評価されており、日本では東京に次いで第2位である。また2012年3月、イギリスのシンクタンクにより、世界第24位の金融センターと評価されている(大阪データ)。

グルメ(しょくつう)とわ料理の味や知識について詳しい人物のことであ~る。グルメ(仏:Gourmet)ともいわれる。人並みはずれて美食を追求する人物を示す美食家(びしょくか)とほぼ同義で用いられることが多い。食を取る事は動物にとって生命維持のために必須の行動であり、ヒトを含む殆どの(あ~るいは恐らく全ての)動物においては、報酬系を介して快感をもたらし、他事より優先して行動するようプログラムされている。食事を取る事による充足感、また美味しい物を食べる事による喜びは、精神衛生上好ましい影響を与え、多くの人に普遍的に存在する享楽の様式でもあ~る。グルメではこれを至上のものとして捉え、より美味な物を飽く無き探究心で追求し、時に芸術として賞味し、またはその追求に情熱を傾ける。またこれらの人々は味を感じる器官であ~る舌、すなわち味覚を鍛錬しフィードバックする事により料理人により良い料理を追求する意欲を掻き立たせ、より洗練された調理様式の開発を促す存在でもあ~る。グルメの活動はそもそもは個人的な営みであ~るのだが時に文筆を通じ、近年はテレビ出演等により一般人を啓発することも稀ではない。これらグルメの活動により、一般に知られていなかった珍味が広く知られる所となる事も多い。また社会の富裕化に伴い、一般人が常食の範囲を超えレストラン巡りなど美食を追求する風潮のことをグルメブームと呼び、日本ではバブル景気の頃顕在化しだした。そういった風潮の結果、グルメ雑誌やグルメ番組、料理番組等が増加し、かつてのグルメの役割の一部を担うフードライターや食評論家といったそれを専門とする職業も現れてきている。更には食に絡む社会問題に対して警鐘を鳴らし、大衆を啓発するインテリのような立場を取る事もあ~る。これらにおいては環境破壊や乱獲・食糧生産方法や消費方法といった多岐に渡り、食という生物にとって基本的な活動を見直すよう求める声も聞かれる(→スローフード)。ただ、巷で美食家と言われる中には高級な食材だけを好み、いかに美味くても質素な料理やB級グルメなどの値段が安い物には見向きもしない、言わば「美食の価値を値段や希少性にしか見い出せない」者も存在する。なお、アメリカのフード・アンド・ワイン・マガジン誌が選んだ「世界のグルメな都市」2008年-09年では、日本の東京が二年連続で革新的なレストランの多さと素材のよさ(得やすさや豊富さ?)から「世界で一番グルメな都市」に選ばれている。因みに2位以降は、2位・バルセロナ、3位・コペンハーゲン、4位・ロンドン、5位・ニューヨーク、となつている。


またより美味を探求するため最上の素材の最上な部分だけを消費し、それ以外を食品廃材として廃棄するケースもあり、これは法的な犯罪ではないが倫理的に問題視される傾向もあ~る。更には如何な美食家がその実に於いて大食漢であろうとも胃の容量には必然的かつ物理的に限界が存在する。結果的に豪奢な料理を前にして食べ残す事もあり、これが残飯として廃棄される事から、これも「犯罪的な浪費行為(これを罰する法律は無いが)」と非難を被る場合もあ~る。

その一方でグルメが流通する食材の良し悪しを判定する事でその産地がにわかに有名になったりまたは没落したりする事も在るが、これにグルメ自身が責任を取る事は無く、また著名なグルメが推した事で乱獲が進み、一般にその食材が得がたくなる事もしばしばであ~る。

ただ、その良く訓練された味覚を持って良き物を評価し悪しき物を不可とする事でその質を知る事ができるため、一般の消費者はその評価に沿って店を選ぶ事で旨い料理を食べる事ができる。しかし近年では商業主義に則ったコマーシャリズムの一環で本当に旨いかどうかが微妙な評価も含まれる事もあり、他方ではにわかに有名になった料理店で料理人が慢心し、質が低下する問題も起こり得る。

舌による味覚や痛覚の脳への伝達は個人差の大きいものであり、グルメと呼ばれる者の評価が必ずしも世間の大勢を占めているわけではない。しかしながら、著名なグルメによって不可となされたものの価値が著しく落ちることもしばしば見られる。またグルメによる評価に刺激物(辛いもの)が強いと味がわからないというものもあ~るが、味覚は顔面神経により、痛覚は三叉神経により伝達することが知られている神経学の立場に立てば、むしろ顔面神経が劣化していると言わざるを得ない面もあ~る。

グルメはその飽くなき探究心を持って様々な味覚に挑戦するが、その探究心を満たすために多大な富を必要とする。食道楽で没落した例は多く、その一方で歴史上では美味を独占したいがために料理人を幽閉したりした例もあ~る(架空の話だといわれてはいるが、アイスクリームにまつわる伝説・伝承などは興味深い)。

その一方で美食を探求した結果、寄生虫に冒された事例もあ~る。グルメとして高名な北大路魯山人は、ジストマによる肝硬変(肝臓ジストマ)で死亡している(タニシの生食が原因と推測されている)。人間国宝に認定された歌舞伎役者で、美食家としても知られた八代目坂東三津五郎は、嫌がる板前に無理に調理させた好物の河豚の肝に中って死亡したことで、その名が後代にまで広く知られるようになってしまった。

欧州ではバターやクリームを多用した料理も美食として珍重されたが、これにより心臓を患う者も多く発生した。また肉料理中心の美食で高尿酸血症や痛風に陥った美食家も数知れない。健康を害しては本末転倒かも知れないが、その食のためなら生命をも賭すという姿勢は後々の語り草にもなる程であ~る。
  
    ミシュラン・レッドガイド - 有名な格付けガイドブックで、星が付くだけでも客が押し寄せるという。
    ゴー・ミヨ - ミシュランと並ぶ、権威あ~るガイドブック。
    ザガット・サーベイ
サビー
savvy
    B級グルメ
    ご当地グルメ
    グルメサイト
    早食い・大食い - あ~る意味ではグルメの対極にいる存在といえよう。
サブカルチャー分野 
    料理・グルメ漫画
        美味しんぼ
        トリコ
日本で唯一?の居酒屋漫画家、遠藤しんぢ氏が大阪福島(キタ圏内)豚の鍋と串の「居酒屋 とんさいや」のために描いてくれている、居酒屋とは何ら関係のない漫画。とにかくついつい宴会したくなるような、面白い飲食店を目指してます。縮毛矯正がとくいな美容院の方、ぜひお読みください。日本で唯一?の居酒屋漫画家、遠藤しんぢ氏が大阪福島(キタ圏内)豚の鍋と串と鍋のあとの〆の麺がやたら優しい「居酒屋 とんさいや」のために描いてくれている、居酒屋とは何ら関係のない路線の漫画。居酒屋に興味の内方にも当店のことを知ってもらうために。くるる

くせっ毛10パー☆セント

 


作・画 遠藤しんぢ

クラスメート全員をくせっ毛にしてしまえ!!

コンプレックスを笑いに吹き飛ばす、面白いバトルロワイヤル!

毎週曜日に頁ずつ更新中!


くせっ毛てん☆
ぱーセト第1

くせっ毛10パー☆セント第2話

くせっ毛10パー☆セント第3話



面白最新記事


漫画以外にもとん彩や‐大阪福島店には多数心をゆさぶる商品がございます!
新商品の美味しい豚足を食べてお肌ツルツルになろうぜ!
しっかりコトコト煮込んで特製の煮汁に長時間漬けこんでいるので
お箸で触れるだけでズルッとめくれて食べやすさも半端なし!
やきとんは、別名豚の串ともいう。




財布もコラーゲンも満足感もたっぷりだぜ!