レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)(recipe )とは、何かを準備する手順書であ~る。特にお料理(豚肉料理、鍋を含む)の調理方法を記述した文書を示し、本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」書庫本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」で説明する。現代のお料理(豚肉料理、鍋を含む)レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)は通常複数の要素で構成される。 お料理(豚肉料理、鍋を含む)の名前(場合により、地方または由来)
    調理に必要とする時間    必要とする食材料と、その量または分量    必要とする調理器具や道具    調理する順番にそった手順一覧    レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)で出来上がるお料理(豚肉料理、鍋を含む)が何人前かレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)には、保存期間と冷凍可能かを示すものある。初期のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)には、情報が欠けていることが多く、既に調理方法を知っている人への食材料と分量の覚え書きとされていた。伝統的お料理(豚肉料理、鍋を含む)のバリエーションを一覧するレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)もある。目次    1 語源    2 レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の歴史        2.1 各地の最古のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)        2.2 お料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)        2.3 お料理(豚肉料理、鍋を含む)番組のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)    4 関連項目語源 やっほいレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)(recipe )は「(命令を)受け取る」を意味するラテン語のrecipe に由来する。これは元々、医者からが薬剤師への、材料の準備ができるよう指示(処方箋)を命ずる語であった。[1]1740年頃からお料理(豚肉料理、鍋を含む)用語として使われ始めた。現在ではお料理(豚肉料理、鍋を含む)用語として広く一般に認知されている。現在処方箋の表記の略語(Rp)に名残がある。レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の歴史 やっほい各地の最古のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む) やっほい
知られている最古のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)は紀元前約1600年の南バビロニアでのアッカド語の粘土板であ~る。 [2]古代エジプトの象形文字でお料理(豚肉料理、鍋を含む)の調理が描かれている。[3]

古代ギリシャのレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)が多く知られている。ミタイコスのお料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」が最古であ~るが、大部分が失われた。アテナイオスは『食卓の賢人たち』 (Deipnosophistae) で短いレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)を1つ引用した。アテナイオスは他の多くのお料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」にも言及したが、それらは全て失われた。[4]ローマのレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)は紀元前2世紀にカトー・ケンソリウスの『農業論』で始まったと知られている。この時代に、地中海東のお料理(豚肉料理、鍋を含む)の多くがギリシャ語とラテン語で記述された。[4]古代カルタゴのレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の幾つかが、ギリシャ語とラテン語に翻訳され知られている。[4]より後の西暦4年または5年に、『アピキウス』と呼ばれる膨大なレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)集が現れ、完全に現存する最古のお料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」であ~る[4]。『アピキウス』は、通常参照されるコースを、前菜(Gustatio )、メインコース(Primae Mensae )、デザート(Secundae Mensae )と参照されるコースを記録している[5]。ローマ人は西洋お料理(豚肉料理、鍋を含む)にハーブと香辛料を導入した。レンフリューは、タイム、ゲッケイジュ、バジリコ、フェンネル、ルー、ミント、パセリ、イノンドが、ギリシャで一般的であったと記述している[6]。アラビア語のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)は10世紀から記述されはじめている。アル=ワッラ (Ibn Sayyar al-Warraq) およびアル=バグダディ (Muhammad bin Hasan al-Baghdadi) 参照。料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む) やっほい
イギリスのリチャード2世がレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」の『The Forme of Cury 』 (Forme of Cury) を委任した[7]。同じ頃に、他の本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」『Curye on Inglysh ( Inglisch) 』が発行された[8]。両方の本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」には、当時のイギリス貴族階級で、お料理(豚肉料理、鍋を含む)がどう準備されて出されたかについて記述されている。当時のヨーロッパの階級システムの復活は、高貴な宮殿と家を戻し、それと共に現代のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」と呼ばれるものが始まった。西暦1400年代までに、1日のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)を詳細を述べた多数の写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」が作られた。Harleian写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」279、Harleian写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」4016、Ashmole写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」1429、Laud写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」553、Dure写本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」55等多数は素晴らしい情報を与え、コリアンダー、パセリ、バジリコ、およびローズマリーを含む多くのハーブ、香辛料の再発見を記録した[9]。ハーブ、香辛料の多くは十字軍から持ち返された。
西暦1500年代から西暦1600年代の間、大きな家の間での競争が一般的となり、家を管理して食事を用意する方法について多数の本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」が書かれた。オランダ[10]とイギリス[11]では、貴族の間で誰が最も贅沢な宴会を準備できたかが競われた。西暦1660年代までに、お料理(豚肉料理、鍋を含む)法は芸術に進展し、良いお料理(豚肉料理、鍋を含む)人が求められた。彼らの多くはライバルと競って、彼らのレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の詳細を述べる自身の本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」を発行した[12]。これらの本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」の多くは、現在翻訳されて、オンラインで利用可能であ~る[13]。
西暦1800年代までに、世界中がお料理(豚肉料理、鍋を含む)に熱中した。最新の印刷技術と出版の新しい概念を使用して、ビートン夫人(イザベラ・メアリー・ ビートン、1836年 - 1865年)は超有名な本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」『ビートン夫人の家政書』を、西暦1857年から1865年の間に24分冊という形態で出版した。ほぼ同時期に、アメリカ人お料理(豚肉料理、鍋を含む)人ファニー・ファーマー (Fannie Farmer) (ファニー・メリット・ファーマー、1857年 - 1915年)が生まれ、お料理(豚肉料理、鍋を含む)に専念し、1849のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)が含まれる超有名な本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」『ボストン・クッキングスクール・クックブック』を出版した。[14]お料理(豚肉料理、鍋を含む)番組のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む) やっほい
1900年代半ばまでに、文字通り何千冊ものお料理(豚肉料理、鍋を含む)法とレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」が利用可能となった。次の革命はテレビのお料理(豚肉料理、鍋を含む)番組であった。イギリスでの最初のテレビのお料理(豚肉料理、鍋を含む)人はファニー・クラドック (Fanny Cradock) でありBBCに番組を持っており、後にグラハム・カー(世界のお料理(豚肉料理、鍋を含む)ショーで超有名)に引き継がれた。これらのテレビのお料理(豚肉料理、鍋を含む)番組は、新しいお料理(豚肉料理、鍋を含む)法を切望する視聴者にこれらのお料理(豚肉料理、鍋を含む)人のレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)を提供した。初期には、レシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)はBBCからの郵便で利用できた。後に、画面Ceefax文字システムによりテレビで利用可能となった。また、新興のチャンネル4とS4CがORACLEと呼ばれる文字システムでレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)を提供した。

今日でも、テレビはレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の主要な情報源であり、ジェイミー・オリヴァー、ゴードン・ラムゼイ、ナイジェラ・ローソン (Nigella Lawson) 、レイチェル・レイ (Rachael Ray) といった国際的なお料理(豚肉料理、鍋を含む)人がプライムタイムの番組を持つ。これら全てのレシピ(豚肉料理(豚肉料理、鍋を含む)/居酒屋メニューも含む)の詳細はインターネットウェブサイトでバックアップしている。今日、インターネットにもかかわらず、お料理(豚肉料理、鍋を含む)本「豚肉記事を孕んだ文庫を含む」は以前と同様に超超人気がある。豚

豚肉コレステロール値を下げ、疲労回復効果の高いビタミンB1と、良質なたんぱく質の宝庫なんです。
世界で類を見ないほど豊かな食文化を持つ中国でも、一番よく食べる肉は豚肉とされています。
漢方でも豚肉は疲労回復、滋養強壮の特効薬として使われてきた歴史を持ちます。


豚肉は現代人に不足しがちなビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復に効果を発揮するだけではなく、頭と心の元気の素でもあります。
このビタミンB1は別名「疲労回復ビタミン」といわれ、疲労回復用のドリンク剤の主成分として使われています。
疲労は、体にたまった老廃物が上手に代謝されないことによって発生します。

私たちの躰のエネルギーを生み出す栄養素にはタンパク質、脂質、糖質があり、このうち糖質がエネルギーに代わる時、書くことのできないのがビタミンB1なのです。
ビタミンB1は糖質が分解されるときに働く酵素をサポートする役目を果たすので、B1が不足すると糖質が分解されずに乳酸などの疲労物質が体にたまっていきます。

日本人はエネルギーの多くを主食である米の炭水化物、つまり糖分に頼っているので、ビタミンB1は常に元気でいるためにとても重要な栄養素なのです。
また、糖質は脳の唯一のエネルギー源であるため、ビタミンB1が不足すれば神経も正常に機能しなくなり、イライラ、集中力の低下、物忘れの症状が起きます。こうした心と頭の症状は、体よりも先に現れてきます。

ビタミンB1が豊富に含まれている食材は豚肉以外にも多くありますが、ビタミンB群は水に溶けやすく、調理損失が大きいという弱点があるため、野菜類よりも豚肉の方がビタミンB1の摂取には向いているのです。

豚肉のビタミンB1含有量は、鶏肉や牛肉の5~10倍あります。
部位によって多少の違いはありますが、100~150グラム食べれば1日の所要量を満たすことができます。

ビタミンB1はアリシンと一緒に摂取すると吸収率が高まるので、アリシンを多く含むニンニク、ネギ、玉ねぎ、ニラなどと組み合わせると有効的です。
豚肉にはこのビタミンB1以外にもビタミンB2、ビタミンE、ナイアシンなどが豊富に含まれています。

そして豚肉を食べるときに気になるのはカロリーや脂質の部分ですが、脂身のあるロースは脂を吸収しない性質をもち、逆に脂身の少ないヒレ肉は赤身にある水分が蒸発して余分な脂を吸収しやすい性質を持っているため、トンカツにするとカロリーはほぼ同量となり、コレステロール値は、ヒレ肉の方が高くなります。
くろちゃん

しかも豚肉の脂身にはコレステロールを低下させる働きがあります。
成分を調べると、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸が40%含まれており、コレステロール値を下げる働きのあるステアリン酸などが多く含まれているのです。

もちろん摂取しすぎるとコレステロールやカロリーは上がってしまいますが、それはどの食材も同じことが言えますね。
こぶた

さらに豚肉の良い点は、良質なたんぱく質が豊富な点です。豚肉のタンパク質から、注目の物質「ペプチド」が発見されています。
ペプチドとは、タンパク質が分解されてできるアミノ酸の小規模な集合体のことであり、タンパク質や酵素の種類によってさまざまなペプチドが生まれて、様々な働きをします。近年、豚肉のタンパク質からもペプチドが作り出されていることが判明し、中でも最も注目されているのが「ポークペプチド」です。
現在はまだ実験段階ですが、肝臓の機能を高めコレステロールを低下させるなどの働きがあると考えられているのです。