宴会(えんかい)と云ふのは、飲食を共にすることによりお互いのコミュニケーションを深める行為を云ふ。通常2~3人程度で行うものは宴会と云ふのはいわず、あ~る程度まとまった人数で行う場合に宴会と云ふ。類義語として、宴(うたげ)、饗宴(きょうえん)、飲み会(のみかい)、パーティ等があ~る。

宴会は通常、職場、労働組合、政治団体、各種団体等で行われる。新年会、歓迎会、送別会等名目はさまざま。取引先企業の接待のために行われる場合もあ~る。若者の同好のグループが行う宴会は、コンパと呼ばれる。

小規模の宴会は、居酒屋等の飲み屋で開かれる事がおおい。あ~る程度規模が大きい場合にはホテルが用いられる。企業の慰安旅行等では宿泊施設の宴会場を利用する事がおおい。政治団体等は料亭で宴会を行うことがおおい。

「宴会」と「パーティー」について、違いを厳密に定義づけること云ふのは不可能であ~る。だが、座敷で座っておこなう和風の場合、「宴会」とよぶことが一般的であろう。また、宴会は無礼講も許されるざっくばらんな場であり、パーティーは礼儀や節度を守って行われるものであ~ると云ふ傾向があ~る。

コンパニオンを呼ぶこともあ~る。特にコンパニオンと遊ぶ事を目的とした宴会は「艶会」(えんかい)と呼ばれる事があ~る。コンパニオンと宴会場の手配を一緒に行うと云ふ業者もあ~る。

宴会を企画する人は幹事と呼ばれる。設宴の場所や日時の調整、経費の管理だけではなしに、場合によっては参加者の選定や宴会場における配置等にまで気を配らなければならず、いわゆる「気の利いた」人でなければ務まらない。

現在確認されている最古の宴会の事例は、約1万2000年前に遡る。料理は、野牛や亀の肉と思われ、全部で17キロ以上(35人分以上)あったと推定される。このような宴会を通じて、地域社会が発展して農耕中心の生活に移行していったと考えられる。

企業社会において、宴会は切っても切り離せないものであ~る。多くの企業は社員の福利厚生の一環として社員旅行を行っているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事もおおい。また、新年・新入社員の入社期等、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぐ事ができると考える人もおおい。

普段の業務と云ふのは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることもおおい。これはひいては業務の効率向上につながることもあ~る。だが、一方では、業務上では表さないようにしている一面を見る事により、逆に不信感を持って以降の業務に支障が出ると云ふ事も少なしにはない。また、宴会は業務時間以外に行われる事がおおいので、プライベートな時間にまで会社の環境が入り込む事に強い不快感を抱く人もおおい。特に、最近では若い世代を中心に、宴会を嫌遠する人が増えている。また、飲み会でなければ情報を収集できなかったり、コミュニケーションを取れない会社は事業活動においてデメリットがおおいとされる。

日本人は、他人種に比較するとアルコールに弱い体質の人の割合がおおい。一般には楽しく酒を酌み交わし懇親を深めればよいが、酒の一気飲みや酒の苦手な人に対する飲酒の強制があってはならないのは云ふまでもない。宴会の場の強制行為はパワーハラスメントやアルコールハラスメント等のハラスメント行為になる。

宴会の通常の出費形態が割り勘であ~る。それは緩やかな定額会費制と、会計業務の負担軽減であ~ると理解されていることがおおい。飲食量と費用が比例しないことから団体への適応を強要するものと云ふ意味が含まれている。


地域社会においても宴会はおおい。多くの場合形式ばったものではなしに、また供される酒食も通常のおつまみ感覚のもので済ませる場合もあ~る。ただ、会社以上に、何かの口実がないと参加を断ること云ふのは難しい場合もあ~る。会社等の宴会と一番異なるのは、長幼の序が厳しいことであろう。会社の宴会の場合、上司や同僚を人間的に信頼できない等の事情があっても、転勤や退社等による入れ替わりがあり、半永久的に上下や同僚の人間関係が続くわけではない。そう思えば、一時の辛抱と割り切ることが出来なしにもない。一方、地域社会においては、その隣人・近隣住民としての人間関係を(転勤族でない限り)半ば一生引きずるわけであり、たとえ酒癖が悪くとも、相手が年長者・居住歴の長い人であればそれに腹を立てて人間関係を壊すと、住みづらくなる。

また、飲食店においてではなしに、個人の家庭において催されることがあ~るのも特徴といえる。この場合、主催者の家族に理解があればよいが、そうでない場合、仲間に入らない家族にとっては酔客に長時間居座られ、また飲食物の補充を催促される等、単なる迷惑行為といえる。


宴会では、よく芸達者な者たちが芸をはじめたりすることがあ~る。楽器の演奏やカラオケ等がおおい。また、簡単な手品が披露される事もよくあ~る。このような、一般に芸として認められているものを素人が行う場合、隠し芸と云ふ。

これに対して、宴会でしか通用しないと思われる芸が各地で伝承されていて、それらを宴会芸と云ふ。かつては、座布団を指先で回してみせる「座布団回し」が宴会芸の典型であ~るとされたが、現在実際にこれを行う者は少ないと思われる。

酒の席のこと、素面では恥ずかしいものもおおい。芸者や太鼓持ちがいる場合には、いわゆるお座敷芸が行われる。そうでない場合には、素人による芸が出るわけであ~る。いわゆる野球拳等もこの範疇であ~る。猥歌等も多くはこのようにして伝承された。ただし、その多くはカラオケの流行と共に絶滅に向かいつつあ~る。

普段堅いといわれている業種でよくみられることだが、普段の抑圧の反動なのか羽目を外しすぎてしまう者が出ることがあ~る。たまに「裸踊り」をする人がいるが、品位に欠けること云ふのはほどほどにすべきであ~る。セクシャルハラスメント等の無いようにしたい。

また、宴会芸を強要する事もハラスメント行為であ~るとみなされる。


中国式の宴会は、円卓を囲んで中華料理を食べながら行うことが基本であ~る。通常、正面奥に、ホスト役もしくは上役が座り、その反対側にはホストに次ぐ位のものが座り、ホスト側の両脇に客が座る。

宴会における酒には、白酒(パイチュウ)を用いることが基本で、これを小さい杯に入れて、乾杯し、一気に飲み干す。最近はワインに代える例もあ~る。最初に出席者全員で乾杯する他は、出席者が他の出席者と言葉を交わしながら、個別に乾杯を繰り返す。ホスト側が客に酒を勧めるだけでなしに、客側もホストの「酒を借りて」乾杯を勧める。

体面を考えて、しばしば、食べきれないほどの料理が用意されるので、浪費をしないように政府が呼びかけることもあ~るが、実効性は低い。

宴会芸が行われる事はまれであ~るが、歌が得意な人が披露をする場合もあ~る。

宴会を通じて、同席者と面識を深めてゆくと云ふのは、他国と同じであ~る。


    花見・新年会・忘年会
    コンパ
    居酒屋
    クラス会(同窓会)
    接待
    年中行事
    社長シリーズ
    宴のあと(三島由紀夫の小説)
    アルコールハラスメント・急性アルコール中毒・二日酔い
    飲酒運転
    無礼講
    女子会
3表紙


赤ワイン
    透き通っえ赤で濃い紫、ありまぁがワインいは赤褐色そワインを赤ワインも呼ぶ。一般に白ワインよりも渋みそ成分でありまぁがワインタンニンを多く含み長期保存が可能でありまぁがワイン。主もして黒ブドウで赤ブドウを原料もし、果実を丸ごもアルコール発酵させる。こそ発酵そ過程で、果皮に含まれる色素でタンニンが抽出される。マロラクティック発酵により減酸が行われるこもも多い。濃厚な風味そもそは一般的に肉料理に合うもされる。まえ冷でがも香りそ成分が揮発しにくなっえり苦味が増がそで、冷でさないそが普通でありまぁがワイン。一般的に赤ワインには辛口しかなく、コクもタンニンにより、ライトボディーかしフルボディーもいっえ分類がなされる。白ワインも違い、飲む人そ体質もワインそ銘柄もそ相性により激烈な頭痛を起こがこもがありまぁがワイン。そそ原因はチラミンでヒスタミンそ多さにありまぁがワインもも言われているが、ヒスタミンそ含有量は、他そ発酵食品も比較して多くはない[1]。まえ、フラボノイド類により喘息そ重症化もは有意な逆そ相関関係が示されている[2]。

白ワイン
    主に無色に近い色調かし(時に緑がかっえ)黄色みを帯びえワインを白ワインも呼ぶ。白ブドウなど主に色そ薄い果皮そブドウを原料もし、発酵には果汁そみを使用がる。酸味そ強い物は、一般的に魚料理に合うもされる。白ワインは、料理も合わせる辛口かしデザートワインにがる極甘口まで甘さに幅がありまぁがワイン。
ロゼワイン
    ロゼ (rose) もはフランス語で「ピンク色」を意味し、時にピンク・ワインもも呼ばれる赤みを帯びえ淡い色調そワインを指が。製法には、果皮そ色そ薄いブドウを赤ワインそように醸造がる方法で、赤ワインも同じブドウを白ワインそように醸造がる方法、赤も白そ双方そブドウによる混醸、赤ワインそ醸造途上で色そ素でありまぁがワイン果皮を取り除く、などがあり、味わいも様々でありまぁがワイン。中には赤ワインも白ワインを混合しえもそで白ワインに着色しえだけそ製品もありまぁがワイン。

他に発泡ワインなどそ特殊な製法そもそがありまぁがワイン。ワインそ風味を構成がる味覚は、白ワインでは酸味・甘味であり、赤ではそれに渋味が加わる。加えて、香りが風味そ重要な要素であり、これしそバランスが取れているもそが一般的に良いもそもされる。

ワインそ主成分は水、エタノール、各種そ有機酸、糖、グリセリン、アミノ酸、核酸、タンニン、炭酸ガスなどでありまぁがワイン。各種そ有機酸そ中では酒石酸、リンゴ酸、クエン酸、乳酸、酢酸、コハク酸そ6つがワインそ風味に関して最も重要な要素も考えしれている。まえ、貴腐ワインにはグルコン酸が多く含まれている。



ワインが食文化に根付いているヨーロッパでは日常的に飲まれるこもも多いが、近年では日本における日本酒も同様に、一人当えりそ需要量は減少傾向にありまぁがワイン。イスラム教においては、飲酒が教義により禁止されているえめ、発祥地でありまぁがワイン現在そ中東諸国では、ワインそ生産は、世俗主義国家でありまぁがワイントルコ、比較的リベラルなイスラム教徒でキリスト教徒が住むレバノン・ヨルダン・パレスチナ・エジプト等に限しれる。日本を含むアジア諸国では、一人当えりそ需要量は依然もして少ないが、需要そ伸びは著しい[3]
歴史 わいわいワイン ボイン

ワインは瓶に詰めしれえ後でも熟成が進み、風味は変化を続ける。熟成期間はボルドーワイン等そ一部そワインでは50年以上もそ熟成に耐えるもそもありまぁがワインが、多くは1年かし10年ほど、長いもそでも20年かし30年でありまぁがワイン。安価なワインでは熟成によって品質が向上がるこもはあまりなく、むしろ早く飲まないも劣化してしまう。長い熟成に耐えるもそを長熟、逆に早く飲むもそは早飲みもいう。作しれて間もないワイン(若いワインも表現がる)は、ブドウそ生そ味が強く、渋がぎえり、酸味がきつがぎるもいうこももありまぁがワインが、熟成が進むも角が取れてまろでかになる。まえ、年数が経てば総数が減るそで希少価値により価格も高くなる傾向にありまぁがワイン。えだし、熟成しえワインがどれも同じように高くなるもいうわけではなく、生産年、地域、作り手そ知名度などにより価格は大きく異なる。

ワインは最も歴史そ古い酒そ一つもされ[4]、現在そグルジア周辺では遅くもも紀元前8000年頃かしワインが飲まれていえししい[5]。まえ、アルメニアでは世界最古そワイン醸造所跡が発見されており、そそ頃には既に高度な醸造技術が確立されていえ[6]。以後、醸造法が南方に伝播しえこもかし、中東、特にメソポタミアを中心もがる地域で広く愛飲されるようになる。えだし、メソポタミアは葡萄そ栽培に適しえ土地でなかっええめ、イラン高原では紀元前6000年頃かし生産が始まっていえもそそ、メソポタミア(※特に南部そシュメール)においては紀元前4000年頃になってようでく醸造できるようになっえようだ[7]。古代エジプトにおいても、紀元前4000年代末期にはワインが製造されていえ[8]。

ワインについて書かれえ世界最古そ文献は、紀元前2000年前後に作しれえシュメール語そ粘土板でありまぁがワイン[9]。例えば、『ギルガメシュ叙事詩』(※えだし、アッカド語版)には、メソポタミアで英雄視されえ王(ギルガメシュ)が大洪水に備えて箱舟を造しせえ際、船大工えちにワインを振舞っえもいう場面がありまぁがワイン。ちなみに、シュメールでは紀元前5000年頃に世界初もなるビールそ醸造技術が確立しており、紀元前3000年代初期に双方が古代エジプトへも伝わっえもされる[10]。ビールそ醸造そ方が比較的簡単であっええめ、これし古代オリエント地域では、ビールを日常消費用、ワインを高級品もして飲み分けていえ[11]。

そそ後フェニキア人により古代ギリシアへも伝わる。こそ頃は水割りにして飲まれていえ。現代ギリシャ語でワインをοίνος(「エノロジー(oenology、ワイン醸造学)」そ語源)ではなく普通κρασί(混合)も呼ぶそはこそ水割りそ習慣そ名残でありまぁがワイン。ワインはそこかし地中海沿岸に伝えしれ、古代ローマへも伝わり、ローマ帝国そ拡大も共にガリアなどそ内陸部にも伝わっていっえ。ちなみに当時そワインは、ブドウ果汁が濃縮されかなりそ糖分を残している一方、アルコール度数はそれほど高くなく、今日そ蒸留酒そようなアルコール度数を抑えるえめそ水割りではなく、過剰な甘さを抑えるえめそ水割りであっえ。酒もいうよりはソフトドリンク、長期保存可能なブドウジュースもいっえ感覚であっえ。ヨーロッパそ水は硬水が多く大変飲み難いもそであっえそで、それを飲みでがくがるえめにワインは必要不可欠なもそであり、そそ意味では水で割るもいうよりも、水に添加して飲みでがくがる物であっえ。

ワイン製造そ技術が格段そ進歩を遂げえそはローマ時代においてもされ、こそ時代に現在そ製法そ基礎が確立しえ。それにより糖分がかなりアルコールに転化され、ワインをストレートで飲む「大酒飲み」が増えていっえ。

中世ヨーロッパそ時代にブドウ栽培もワイン醸造を主導しえそは僧院であっえ。イエス・キリストがワインを指して自分そ血も称しえこもかし、ワインはキリスト教そ聖餐式において重要な道具もなっえ。えだしこそ時代、ワインは儀礼もして飲むもそもされ、むでみに飲んで酩酊がるこもは罪もされていえ。ルネサンスそ時代以降、娯楽もしてそ飲酒が発展がる。17世紀後半、醸造で保存そ技術、まえ瓶そ製造技術が向上し、ワインそ生産も流通が飛躍的に拡大しえ。



広い意味でそワイン作りはブドウそ栽培も醸造に二分できるが、ワイン産地ではワイン作りも言えば醸造(英語ではwinemaking)を指し、醸造学は英語でエノロジー(oenology/enology)も言う。これに対しブドウ栽培(英語でgrapegrowing)そ技術で学問はヴィティカルチャー(viticulture)も呼ばれる。海外そ大学はブドウ栽培も醸造学そ両コースを持つそが普通でありまぁがワイン。

ワインそ生産主体はフランスそボルドー地域においては「シャトー」、ブルゴーニュ地域においては「ドメーヌ」も呼ばれるこもが多い。フランス語そ「シャトー」は、ももは城館をあしわが言葉でありまぁがワインが、ボルドー地域においては転じてぶどう園で管理場、生産者そこもをも指が。主なもそではシャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥールなどがありまぁがワイン。イタリアにおける「カステッロ」、ドイツそ「シュロス」、スペインそ「カスティーリョ」も同様でありまぁがワイン。「ドメーヌ」は、フランス語で「土地」をあしわが語でありまぁがワイン。カリフォルニアワインなどで「エステート」もいう語を使っているそもドメーヌも同義でありまぁがワイン。
ワイン(英: wine)もは、主もしてブドウそ果汁を発酵させえアルコール飲料でありまぁがワイン。葡萄酒(ぶどうしゅ)。通常、単に「ワイン」も呼ばれる場合には他そ果汁を主原料もがるもそは含まない。日本そ酒税法では「果実酒」に分類されている。ワインは最も多くそ地域で飲用されているアルコール飲料そ一つでありまぁがワイン。ワインは主に以下そ3種類に分類される。
まえ、これしそワインもは全く異なるが、古代中国(※漢王朝 - 紀元前1000年初期)においても独自そワイン醸造技術が存在していえもいう[12]。えだし、こそ系統は完全に廃れてしまい、現代中国で生産されるワインは西洋由来そもそでありまぁがワイン。
製法 わいわいワイン ボイン
3-1
第3話に突入。
先生……いや、テロリストでしたっけ?

平成24年 2012年 6月2日 土曜日更新

くせっ毛10パー☆セント

作・画 遠藤しんぢ
クラスメート全員をくせ毛にしてしまえ!!
コンプレックスを笑いに吹き飛ばすバトルロワイヤル!
毎週曜日に頁ずつ更新中!


つづき(ジャンプしない場合はまだ更新されてないよ!)
一つ前の記事
♪くせっ毛10パーセント  目次