昼間の強烈な日差しの中、いかがお過ごしでしょうか?
夏場の強烈な日差しから、肌を守るために、腕や首回りを保護している姿や、帽子をかぶっている姿は見かけても、サングラスをしている姿はそれらよりも少ない気がします。


サングラスはただ単に、眩しいからかけるのではなく、紫外線から目を守り、紫外線による病気を防ぐためにかけるものですので、サングラスをよく理解して、サングラスをかけるようにしましょう。
紫外線対策のためのサングラス


サングラスをかけないでいると、紫外線によって目の病気になる恐れも出てきます。
そんな紫外線が原因で発症する目の病気には角膜炎と白内障があります。

角膜炎の角膜とは目の表面の膜のことです。角膜炎の原因にはいろいろありますが、その原因の一つに紫外線があるのです。

サングラスもしないで、裸眼のまま炎天下で長時間紫外線を浴びていたり、冬でもスキー場で長時間滑ったりして発症することがあります。角膜炎になると目の痛み、白目の部分が赤くなる、まぶたの腫れ、涙が多くなるなどの症状が現れます。

このような病気を予防するためにも紫外線対策にサングラスをかけることがおススメです!!

が、どのようなサングラスが紫外線対策にいいのでしょうか??

サングラスの色は濃い色が眩しくなくて、光をさえぎるように思いがちですが、UV加工をしていない濃い色は、暗いと感じて、かえって目の瞳孔が開き紫外線が目に入ってしまいます。

UV加工をしてあるかどうかを確認してから、色を選びましょう。透明なレンズでもUV加工していれば、紫外線を防ぐ効果があります。

サングラスの形は、目を保護するために、なるべく大きなレンズを選びましょう。散乱紫外線はまっすぐに目に入るのではなく、サングラスの上下、横からも入ってきて、レンズの裏面に反射して目に入るそうです。なるべく、顔の側面も覆うような大きいフレームが紫外線をシャットアウトできるということです。

自分の持っているサングラスがUV加工しているかどうか、心配になってきていると思います。
街のメガネ屋さんに、紫外線カットの効果があるサングラスかどうか測定できる装置を持っているそうです。
ちなみに私は「オークリー」のサングラスを愛用していますが、「オークリー」はすべてUVカット機能がついているので、安心です。
サングラスのオークリーは耐久性、ビジュアル共にトップクラス!
いい値段しますけど、楽天とかで買えばかなり安く購入できますよ♪

そんな、紫外線に少し詳しいとん彩やはとん串、とん鍋などの豚料理で高評価をいただいております。

さらには、宴会も徐々に増えてきたのですが、そんな宴会料理内容が気になる方は「グルなび」をチェック!」

☆====----
紫外線のコトならとん彩や

大阪府大阪市福島区福島5丁目10-13

TEL・FAX 06-6456-1038
★====----